岩村 通俊いわむら みちとし

岩村 通俊(いわむら みちとし) 天保11年6月10日(1840年7月8日)       - 大正4年(1915年)2月20日) 明治時代に農商務大臣、鹿児島県令や初代北海道庁長官などを務めた官僚、政・・・ (続きを読む)

Horace Capronホーレス・ケプロン

1804年8月31日~1885年2月22日 アメリカ合衆国の軍人、政治家。 黒田清隆に熱望され、アメリカから招かれて北海道の開拓にアメリカ農業を導入したお雇い外国人の1人。 生い立ち 1804年(文化・・・ (続きを読む)

坂 市太郎ばん いちたろう

1854年(安政元年)~1920年(大正9年) 夕張の石炭を発見した人 北海道の炭鉱は最も古いところでは幕末の日本海泊村です。箱館開港となり外国船が石炭を求め、白糠町の石炭を箱館奉行所は用立てした・・・ (続きを読む)

伊達 邦直だて くになお

天保5年9月12日(1835年11月2日) – 明治24年(1891年)1月12日) 仙台藩一門・岩出山伊達家領主。 明治維新後は北海道開拓に身を投じ、現在の当別町基礎を築く。 亘理伊達・・・ (続きを読む)

お雇い外国人おやといがいこくじん

明治3年、樺太専任の開拓次官であった黒田清隆は、現地ロシア官吏との関係を調整した後、北海道を視察して帰京。樺太は3年保たないとし、北海道開拓に本腰を入れなければならないと新政府に論じました。 明治4・・・ (続きを読む)

琴似屯田兵ことにとんでんへい

  琴似屯田兵屋入口 琴似屯田兵村   屯田兵制度は、明治6年11月、北方警備と北海道開拓を目的とした黒田清隆開拓使次官の上表文が允裁(いんさい=聞き届けられ)を受け、翌年「屯田兵条例」が作ら・・・ (続きを読む)

依田 勉三よだ べんぞう

嘉永6年(1853)5月15日―大正14年12月12日没 伊豆国那賀郡大沢村(現賀茂郡松崎町)生まれ   北海道神宮の敷地内に「開拓神社」があります。 北海道の開拓に偉大な業績を果たした・・・ (続きを読む)