北海道の山々 236 (糸魚岳)

糸魚岳(いといだけ) 糸魚岳は岩尾内湖の北西にある標高914.4mの山です。 士別市旧朝日町地区に位置し、南側に切れ落ちる特徴ある山容であるため、この付近では最も目立つ存在となっています。 「糸魚」と・・・ (続きを読む)

北海道の山々 233 (班渓山)

班渓山(ばんけいやま) 班渓山は、愛別町にある標高819mの山です。同名では芦別市にもあります。 愛別町は,北海道のほぼ中央に位置する上川盆地の東北端,大雪山麓にあります。東は上川町,西に比布町,南は・・・ (続きを読む)

北海道の山々 232 (伏古山)

伏古山(ふしこやま) 愛別町にある伏古山は標高648.4mですが、町の市街地からも尖がった山容が目を惹きます。 伏古は札幌東区に伏古と名の付く地区があります。語源の「ふしこ」はアイヌ語の「古・い・川・・・ (続きを読む)

北海道の山々 231 (丸山)

丸山(まるやま) 北海道に「丸山」は70を超えるほどあります。 愛別町にある『丸山』は標高823.6mで六番目の高さになるといいます。 因みに、正確に調べていませんが一番高いのは石狩山地の丸山で標高1・・・ (続きを読む)

北海道の山々 228 (辺恵山)

辺恵山(ぺんけやま) 辺恵山は、上川町の北西に位置して、通称「上川三山」と呼ばれる山域の西側に聳える標高715mの山です。 山名は、辺恵山の西側に「ペンケメムナイ川」が石狩川に流れ注ぎ込み、名前が由来・・・ (続きを読む)