由仁町は、空知総合振興局管内、夕張郡にある町です。

札幌市の東、約42kmに位置します。
ヤリキレナイ川が知られるようになりました。

由仁(ゆに)町名の由来は、アイヌ語のユウンニ(温泉のある所)からです。

明治19年、月寒村から旧松前藩士で農業実習生の下國皎三が古川地区に入植しました。この頃は夕張川河畔にアイヌ人テッピリアの一家だけでした。
その後、明治25年に駅逓や郵便局も設置され、農産物の集散地として栄えていきます。
明治27年には古山の外山久太郎らが稲作を始め広まっていきました。

加藤平五郎

明治28年、愛知県人の加藤平五郎が入植し、故郷が三河邦だったことから地名を三川とし、現在三川公園に胸像が立っています。

明治30年、北海道における貯水池第一号の「古川貯水池」により、水田用水を確保。
今もこの貯水池は残っています。

戦後、夕張水系の川端ダム等の建設で水源を確保し、昭和49年夕張川総合開発事業の由仁地区の工事を完了し平地はほとんど水田となりました。

昭和25年に町制施行しています。