釧路駅を出発したノロッコ号の終着駅は「塘路駅」になります。
この鉄道はJR釧網線(釧路~網走駅)が本来の路線です。
それを行楽の時季に塘路駅までを往復しているのです。
「塘路駅」があるのは標茶町になります。
ラムサール条約に登録された湿地として有名な釧路湿原がすぐそばにある駅で、この駅から湿原まで歩いていくこともできます。

ログハウス風の塘路駅舎には「湿原に出会える塘路駅」という看板が掲げられており、これが全国でも珍しく、駅舎は「ノロッコ&8001」と言う名の喫茶店になっています。
 小さな駅舎には、鉄道関連の品が展示され、近隣の塘路湖は、絶好のカヌーポイントとして親しまれています。