栗山町の町役場前の広場に小林米三郎の銅像が建てられています。
1878年(明治10)、北海道最古の蔵元「小林酒造」の創業者です。
札幌で創業しましたが、夕張川の水利に富む栗山に移したのは1901年でした。
現在も現役で受け継がれている「北の錦」は、道道45号線で栗山町の入口にあります。敷地内には、築100年を超える西洋建築のレンガ
蔵や札幌軟石の石蔵が点在しています。