徳富蘆花歌碑

士別市に徳富蘆花の歌碑があります。
私は士別の出身ですが、この碑があることを知りませんでした。それも建てられた場所がグリーベルト(士別市東2条7丁目)といいます。帰郷の時には、この近くに立ち寄っていました。

今回、いろいろ探るうちに「徳富蘆花歌碑」士別市が出てきました。徳富の碑は彼が旅した町に建てられているので北海道には多いのですが、士別には下車しておらず「士別を列車で通過した時に車窓で歌った短歌」です。
ところが、この歌碑の写真がないかと思い、いろいろ調べましたがありません。士別市役所のHPを覗きましたがありません。
今度、帰郷した時に写真を撮り改めて掲載したいと思います。

JR士別駅は明治35年8月に開設されており、徳富蘆花が士別を通過したのは明治43年9月になります。陸別の関寛斎に会うために来道するのですが、その時に名寄の知人に会うための旅でした。

歌碑

「泥炭地耕すべくもあらぬとふ さはれ美し虎杖いたどりの秋」

列車から眺める士別の情景をうたった短歌で、泥炭地の中に黄葉した虎杖(いたどり)の美しさを詠んだものです。