風不死岳

水彩画 縦240×横270
2013制作

支笏湖は北側に恵庭岳、南側には風不死岳、樽前山の支笏三山がそびえます。風不死岳は「ふっぷしだけ」と読みます。

支笏湖の名の由来はアイヌ語の「シ・コッ」(大きな窪地)から。
しかしこの場合の「窪地」とは現在の支笏湖や支笏カルデラではなく、湖を水源とする千歳川の開削した深い谷のことであり、同時に千歳川の旧名でした。

江戸時代に松前藩は現在の苫小牧市の周辺までを「志古津」と呼んでいました。アイヌ民俗「シャクシャインの蜂起」の始まりの場所は、この苫小牧のシ・コッからでした。
面積は琵琶湖の1/9に過ぎませんが最大水深は3倍以上あり、貯水量は日本で琵琶湖に次いで2番目となります。

この絵は、支笏湖ビジターセンターの南の外れから描いたものです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換