花菖蒲

DSC_1781
水彩画 横240×縦270
2016制作

菖蒲をアヤメと言っても間違いにはならないようです。

北海道にはアヤメが多いのです。豊平区の八紘学園にある菖蒲は昭和30年代に創立者の栗林元二郎が、東京から一株の花菖蒲を持ち帰ったことが始まりでした。

花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5000種類あるといわれています。

絵は八紘学園の菖蒲祭りの時にスケッチしたものです。

 

 

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換