竜ケ崎から塩谷へ(小樽市)

DSC_1510
水彩・油絵・アクリル樹脂/ベニヤ F8 横455×縦380
2015制作

小樽から余市に向かう途中に、塩谷(しおや)・蘭島(らんしま)を通ります。

日本海に沿って、国道5号と函館本線が通っており、40年ほど前は、この二つの交通が函館までの大動脈でした。山岳地形のため、今は平地である太平洋側を通る国道36号と千歳・室蘭本線が主流となりました。

小樽を過ぎて山の手に塩谷駅があります。昭和42年NHK朝ドラ「旅路」は旭川の神居古潭駅が舞台でしたが、人気が出たので東映が劇場版で代替えにしたのが「塩谷駅」です。「フーテンの寅」でもロケに使われた駅でもあります。

塩谷を過ぎて、蘭島は昔から道央圏内の海水浴場として有名な海岸です。この蘭島の手前に小さな半島があり、半島を入ると漁港が広がってきます。レストランが一軒あり、スキューバダイビングのメッカになっています。ここが江差追分にも出てくる「忍路漁港(おしょろ)」です。

この半島から塩谷方面の眺めは絶景で、生活に不便なところと思えるのですが移住に人気の場所なのです。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換