真狩村からの羊蹄山

油絵 F4 キャンバス  横333×縦3242 2016制作

私は真狩村市街地からの羊蹄山が好きです。この村は細川たかしの出身地で、羊蹄山をバックにして歌う銅像が建っています。それが何と5曲歌います。

もう一人音楽家で真狩村出身の人がおります。作曲家の八洲秀章です。八洲が生まれた郊外の畦道に碑が立てられています。八洲と聞いても分からない人が多いと思いますが、代表作の一つ「あざみの歌」といえば分かるでしょう。

「山には山の愁いあり、海には海の悲しみや、ましてこころの花ぞのに、咲きしあざみの花ならば」です。