百年記念塔の春(鳥の巣)

CIMG6858
油絵 F10 ベニヤ 横530×縦455
2016制作

秋から冬になって、葉の落ちた枝に残った巣は、もう使われない巣です。葉が残っているうちは「巣」がわからないのですが、完全に葉が落ちて春になると分かります。

鳥の巣は人間の家のように一年中そこで暮していると思うのですが、卵を産むたびに新しく巣を作り、ヒナが巣立ってしまうとその巣は使いません。

夜は木の枝などにとまって寝るといいます。冬に雪の重みや風で地面に落ちていることもあるそうで、この小さな巣の中から、どんな鳥のヒナが何羽巣立っていったのだろうと思ってしまいます。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換