洞爺湖の浮見堂公園から(洞爺村)

DSC_1501
水彩画 縦270×横240 2014制作

札幌から洞爺湖に向かうと道の駅とうや湖があります。道の駅を過ぎて左折すると下り坂になり湖が見えてきます。洞爺湖の北側には、いくつかの公園が並んでいます。

見晴らしのよいところで夏場には公園がキャンプ場になります。(有料)この公園の一つに絵に描いた浮見堂公園があります。湖に張り出した岬の先に浮見堂があるのが特徴です。

この浮見堂は1910年代に、旅の僧が聖徳太子像を背にして洞爺村を訪れ、「この太子像を大切に祀れば産業は栄え豊かな村になるであろう」と言い残し村を去ったといいます。

絵の左にある搭に聖徳太子が祀られていました。洞爺湖温泉街の対岸にあるだけに、有珠山や昭和新山も見え、その美しさから洞爺湖八景にも選ばれています。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換