冬の支笏湖(千歳市)

DSC_1490
油絵 F3 キャンパス 横273×縦220
2015制作

日本国内で名前を付けられた山は18,032あるといいます。このうち北海道には1,281山というので、他の都府県の追随を許しません。

絵に描いた山は支笏湖にある風不死岳(ふっぷしだけ)、左が樽前山(たるまえざん)です。
「ふっぷし」は当て字で、アイヌ語の「フップ・ウシ」と呼ばれていたもので、トドマツがたくさんあるところという意味です。

風が絶えることなく吹きすさぶ荒涼とした山頂がイメージされるので、当て字の中でも銘品といえます。

樽前山は、タオルマイからとられたものですが、原名はウフィヌプリの「燃える山」で、荒れ狂う山の意です。1667年以降、今日まで70回以上の噴火を繰り返しています。北海道の山々は、描きごたえのある対象物です。

 

 

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換