亜麻畑(当別町)

DSC_1060
油絵 F3 キャンパス 横273×縦220
2015制作

明治の開拓時代に官営で栽培を始めたものに「亜麻」があります。サッポロビール工場も官営ですが50近い事業がおこなわれていました。これ全て明治10年代までのことです。

札幌の地下鉄南北線の終点に「麻布駅」があります。麻布の地名があるのは駅周辺だけの狭いところですが、亜麻畑があったところです。こう教えてくれたのは当別町の「亜麻まつり」に行った時でした。昭和40年代に途切れた亜麻が、また復活しているといいます。

「亜麻色の髪の乙女」では麻がテーマでしたが、今は「亜麻仁油」がメーンとなり95gで6,000円しますので、農家の人も遣り甲斐があるでしょう。亜麻の花は、小さな薄い青色ですが、咲くと午前中に散ってしまいます。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換