四稜郭公園 (北斗市)

DSC_0997
油絵 F4 ベニヤ 横242×縦333
2014制作

函館の五稜郭は観光名所として誰でも一度は訪れます。しかし、四稜郭を知る人は少なく訪れる人は稀です。

箱館戦争で旧幕府軍は五稜郭に立て籠もりますが、新政府軍は日本海の乙部沿岸に上陸してきました。
明治2年、五稜郭の背後を守るために、北方約3kmの高台(現在の北斗市)に急造したのが四稜郭です。土塁と空濠をめぐらし四隅に砲座を設置した簡素なもので、旧幕府軍約200人と近隣の村人約100人で完成させたといわれています。
松岡四郎次郎率いる旧幕府軍は四稜郭を守っていましたが、四稜郭と五稜郭の間に位置する権現台場を占領されたことから四稜郭での戦いは1日で終わりました。
絵は四稜郭の松林から五稜郭方面を描いたものです。五稜郭は観光客で溢れていますがこちらは誰もおりません。

 

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換