鍛冶屋

DSC_1817
水彩画 縦270×横240
2014制作

この絵は私の父が生業としていた鍛冶屋の現場を描いたものです。
すでに現場はありませんが、札幌の北海道開拓の村に同じものを見つけました。

明治30年から2代にわたって営業していた鉄工場の建物が移築してあったのです。大正14年(1925)から昭和50年代まで使用されていた鍛冶屋で、石狩川河口の旧市街で漁具や漁船の付属品のほか、農具などを作っていました。

描いてみて父の仕事場と同じであることが分かりました。この時代の鍛冶屋は、みな仕様は同じだったようで、鍛冶屋が日本のものづくりの原点のように思います。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換