夕張岳とシューパロ湖(夕張市)

夕張岳
水彩・油絵・アクリル樹脂/ベニヤ F10 横530×縦455
2015制作

北海道の中央部を南北に走る夕張山地の南端に夕張岳があります。

標高1,668mを頂点として、空知管内の6市5町(岩見沢市、夕張市、美唄市、三笠市、赤平市、芦別市、月形町、由仁町、長沼町、栗山町、南幌町)の町が裾野に広がっています。

空知管内は、かつて石狩炭田として多くの炭鉱が賑わっていた地域です。

札幌方面から夕張岳を超えると、三笠の桂沢湖(恐竜の像がある所)に入り、山間を通って芦別市や富良野市に行くことができます。夕張の清水沢から国道452号に入り、山道を上ると大夕張ダムが見えてきます。

はじめて、シューパロ湖に行ってみました。昔から訪れていた夕張の町が「石炭の町」と思っていました。しかし、夕張の市街地から更に山の上に炭鉱の町があったのです。かつてシューパロ湖の湖底には学校があったことの碑が建てられていました。ダムのために人造湖になったもので、知らないことだらけです。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換