冬の見本林に残る足跡

DSC_1023
油絵 F4 キャンパス 横333×縦242
2015制作

三浦綾子の「氷点」の書き出しは「風は全くない。東の空に入道雲が、高く陽に輝いて、つくりつけたように動かない。ストローブ松の林の影が、くっきりと地に濃く短かった。その影が生あるもののように、くろぐろと不気味に息づいている」

旭川・神楽見本林の真夏の風景でした。
この作品が懸賞小説として受賞したのは昭和39年のことなのですでに半世紀が経ちました。ここに描かれた外国樹種見本林の入口に、今は三浦綾子記念文学館が建っています。

最近は、雪道で足跡を見るようなことはなくなりました。昔はウサギやイタチの足跡が、雪原に続いているのは当たり前のことでしたが、遠い昔の話になりました。

 

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換