ニセコアンヌプリ

油絵 SM 横227×縦158 2016制作

アンヌプリ山の名前はアイヌ語で(絶壁・に向かって・ある・山)という意味です。
30年以上前になりますが、この山の麓に20数軒のペンションが建ち並んでいました。3年前の夏に車で通ってみると
宿泊したペンションはまだ現役で営業していました。

この30年でニセコは大きく変わりました。30年前はペンションの経営者は何とか人を集めるために四苦八苦していたのです。今の状態が信じられないのは地元の人たちではないかと思います。

この絵は真狩村からニセコに入ったころに見えるアンヌプリの山です。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換