幸せの黄色いハンカチ広場

幸せの黄色いハンカチ
油絵 F10 横530×縦455 制作2014

空知地方は国内最大の産炭地として最盛期には100炭鉱、83万人の人口を擁し、日本の近代化を支えてきました。

国のエネルギー政策の転換による合理化、閉山が相次ぎ昭和40年代には空知の炭鉱は姿を消しました。

しかし、炭鉱関連施設は生産から生活にいたるまで多岐にわたり、まさに屋根のない博物館として残されています。