盤渓スキー場     
          

北海道神宮にお詣りに行ったついでに、盤渓スキー場を回ってみました。
すっかり様変わりしていました。

40~50歳代にかけては、雪が降ってくるのが待ち遠しく感じたものです。
ひと冬に20回近くスキー場に行ったこともありましたが、最後に滑ったのが「ぴっぷスキー場」でした。
ひざが笑っているのがわかり、危険を悟り止めました。
いろいろなスキー場に行ったので何の悔いもありませんが、その代わり冬がつまらなくなりました。

盤渓スキー場は、一度だけ行ったことがありました。
その時はゲレンデが一本しかなく、単調で面白みがありませんでした。
ところが、経営者が変わっており、大きく変身していました。
山を削り、コースがたくさん作られ、アジアオリンピックの会場にもなっていました。驚いたことに、スノーボードの本格的なコースもあるのです。
 
冬だけでなく、夏場も楽しめるように「ばんけいの森」も作り、四季を楽しめるようになっています。札幌市街地から30分圏内ですから地の利の良いところを生かしたのでしょう。