十勝日誌 

  写真は占冠の道の駅から

探検家松浦武四郎の十勝紀行文は「十勝日誌」として1860年(万延元年)に書き上げました。一日の日記として寒地と越冬を克明に記録し、山や川を見事に描写しています。現代文の訳で出版されているのもあります。寒さの中で、よく描いたものだと思います。

「この広い平野の低地は谷地で、丘陵地帯は深い森林に覆われ、その間を複雑に入り組んで川が流れ、その川筋は自然の交通路となっていた。山野には鹿をはじめとする多くの獣が、川には溢れるばかりに鮭や鱒が上る。」

武四郎の訪れた頃の十勝の国は、ほぼこのような所でした。(今でも十勝の中心地には鮭の遡上が観光名称となっています) 豊かな土地なので、他の地区と比べるとアイヌ人口も多く、安政3年(1856)の調べでは、190戸、1209人と記されています。

1860(万延元)年とは帯広のお菓子屋六花亭の前身である「千秋庵総本家」が箱館(函館)に開業した年です。六花亭には「十勝日誌」のお菓子の詰め合わせがありますが、これは松浦武四郎の紀行文の表紙をイメージしたものと思います。