北海道の道づくり第一号

寛政11年(1799)、東蝦夷地が幕府直轄となlりますが近藤重蔵は、その前年下見として国後・択捉島を見分「大日本恵登呂府」の標柱を建てました。
ロシアの南下政策を防ぐにはネモロ(根室)・クナシリ(国後)・エトロフ(択捉)のアイヌ人支配が必要だったのです。

江戸時代の交通手段は歩くか船しかありません。江戸から蝦夷のネモロ(根室)に行くには、津軽から松前に渡り、後は永遠と東に向かって噴火湾・太平洋沿岸を見ながら歩き、襟裳岬を回り十勝・厚岸・根室にいたるコースでした。

この間で最大の難所が幌泉(現えりも)から広尾間でした。
襟裳岬から百人浜を過ぎると庶野となり、猿留山道を経て目黒(かつて目黒源吉という番屋の番人がいた)、ピタタヌンケプに達して十勝(広尾)に入っていくのですが、ピタタヌンケプから広尾間のルベシベツが難所でした。
この難所を近藤重蔵は自費で道の開削を命じ、これが北海道の道づくりの始まりと言われています。 

この道が現在の国道336号となる開削ですが、道とはいっても歩ける程度のもので、明治以降、陸路を歩いて十勝国を目指す開拓者はこの一本道が全てです。 

国道336号については、別の項で書きますがこの道が舗装化されたのは昭和35年です。それも普通の国道工事の10倍近く高くつく金のかかる「黄金道路」といわれました。

(写真・今は黄金道路海岸でサーフィンを楽しむ人がおります)