「開拓の始めは豚とひとつ鍋」

晩成社が最初に鍬を入れた場所に「帯広発祥の地」の碑があり、「開拓の始めは豚とひとつ鍋」が刻まれています。

ひとつ鍋

この句は明治17年、幹部の渡辺勝が「落ちぶれた極度か豚とひとつ鍋」と詠んだ句に、勉三が「開拓の始めは豚とひとつ鍋」と返したものといわれています。
晩成社は実質的にはこの時に分解していました。

翌年、 帯広の開拓に行き詰まった依田勉三は、当縁村(現大樹町)に移り牧畜業を始めました。
1900haという土地の払い下げを受け、家畜を青森に買い付けに行き、40頭を船で大津まで運んできました。これらの事業も国の補助は一切ありませんでした。

明治23年には、牛は130頭、馬40頭を飼育するまでになりました。
牛の乳をしぼり、バターやチーズをつくり、牛肉の缶詰まで製造しました。
しかし、晩成社には販売の見通しがありませんでした。
十勝はまだ陸の孤島だったのです。
人口が増えている札幌までの道が開かれるのは明治40年のことです。

明治27年、肉の販路を求めて函館に肉屋を開業したのです。
店員として採用したのが後の妻となるサヨでした。
ところが、牧場から生体で輸送した家畜は、黄金道路~日高路~噴火湾沿いで函館についた時には、日数でやせ細っていたといいます。
勉三はサヨを伴い当縁村(現大樹町)に戻りました。