北海道植民軌道は北海道だけの軌道

昭和47年5月に「浜中町営軌道」を最後に北海道の簡易軌道(植民軌道)はすべて廃止になりました。

大正14年5月から、根室線厚床から中標津原野まで試験的にはじまった植民軌道は、昭和20年までに33線、660.5キロが敷設されました。
植民の名称は、北海道の東部や北部が植民地区画され、土地の貸付が始まった明治30年代後半から農業移住者が急増しました。

しかし、入植先の根室、釧路、十勝、宗谷などは鉄道駅からは遠く離れた辺境地帯でしたから、移住した人たちの生活環境は極端に悪いものでした。
特に、根釧原野は極端に悪く降雪期と融雪期には湿地帯となり、道路は泥沼となり馬車も馬橇も寄せ付けませんでした。

そこで北海道庁は道路や河川敷などの公用地に軌道を敷設し、車両は道庁が準備、動力は地域の農家所有の馬で運行するもので、敷設後10年間は地元住民が自由に使用できるという簡易な軌道でした。
運営が順調な地域では、利用者の組合員にし経営にあたりました。馬車軌道とはいえ、地域の重要な交通機関の役割を担っていました。

根室線や枝幸線などは、距離や貨物量などから馬車軌道が困難な路線は、昭和4年から馬力を内燃ガソリン機関車に変更する植民軌道も登場。こちらは運賃が徴収されました。

写真は「鶴居村ふるさと情報館」の敷地に保存されている村営植民軌道です