水垂岬(みだれみさき)

水垂は「みだれ」と読みます。みだれはアイヌ語の地名で語源は「ミタラ」からきたようで「庭の意味」です。松浦武四郎はミダレザキと記したといいます。

水垂岬があるのはせたな町北檜山新成です。道道740号は大成区太田から北檜山新成までの7キロを2013年(平成25年)に開通しました。これで北海道の海岸沿いを一周する2500キロの旅が可能となりました。

道道740号は、せたな町北檜山区豊岡(国道229号交点)からせたな町大成区宮野(国道229号交点)までの総延長:33.686 kmです。
従って、北檜山区豊岡から水垂岬まではすでに道道があり行くことは可能でした。水垂岬には灯台があり奥尻島が大きく見えます。この灯台ができたのは、1959(昭和34)年でした。

大成区から続くこの一帯の海岸は、岩石を積み重ねたような形をしたカコウ閃緑岩で、みかげ石の一種です。長四角の黒い結晶は角閃石で、地下から花こう岩質のマグマが昇ってきた時に、周りの岩石を取り込んで出来たものです。
道路の開削が遅れたのは海岸沿いに平地がなく、そのまま山となっていたことと、この崩れやすい岩石にも要因がありました。